忍者ブログ
そ(ryという人がいろいろ書く。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長崎旅行1日目
2011年5月長崎旅行の記録です

メンツ:なべしろ氏、私、Y氏、I氏、安部中女史、T氏(順不同)

メンツ

私となべしろ氏は2008年に一度来たことがある。
前回はハウステンボスメインで市内はあんまりゆっくり見てない。
他の人たちは初長崎。


2011年5月5日

10時羽田発の飛行機に乗るべく出発。
1時間も早く空港についたのに、搭乗がぎりぎりになる。
初めての羽田が珍しすぎて、広すぎて、のんびりお茶を飲みすぎた。

雲の中を飛ぶ感じで、結構揺れた。
11時55分長崎着。
天気はまずまず。

なんか、空港から出た所でビワを配ってた。名産品らしい
Y氏、I氏と合流。
空港から市内はバスで45分程。
陸路で行くと遠回りになってしまうため、結構遠いです。

JR長崎駅前

陸路の安部中女史、T氏と合流する。
改札そばの観光案内所で路面電車の1日乗車券を購入し、宿へ荷物を置きに行く。
路面電車に乗れば長崎の主要な観光地へはだいたい行ける!すごい!!

バスの1日乗車券と言うのもあり、明日バイオパークにバスで行く予定なので
聞いてみたら範囲外との事。まあ、メッチャ遠いもんな。

ホテル着。荷物を預かってもらう。

長崎新地中華街

今中華街になっている場所は、往時は中国人商人達の荷物倉所だったらしい。
横浜、神戸と並ぶ3大中華街のうちの一つとの事だけど、すごくこじんまりとしている。神戸の南京町も小さくて拍子抜けするけどあれ以上で、ちゃんぽんと角煮まんに支配されている。

ちゃんぽんを食べるべくに入る。

思い思いに一人一品頼んだけど、けっこうなボリュームであり、カプリチョーザに始めて来た人達みたいになる。私は前回来た時食べて大変気に入った皿うどん(太麺)を食べた。揚げてある麺ではなく、ちゃんぽんの麺を炒めてスープを吸わせて、あんをかけてあるという料理ですごく美味しい。

あまりに美味しくて写真を撮るの忘れた。一応残骸を撮影した。



全員お腹一杯になりましたとさ。

出島

出島

中華街から路面電車で出島へ移動。
現在出島がある場所は、埋め立てが進んでて、思いっきり陸地。
ほんの10年位前までは石碑があるだけでビルもバンバン建ってて、京都の池田屋跡みたいな状態だったらしいけど現在は、昔、実際に出島があった場所を囲って、建物なんかも再現してあり、立派な観光地になっている。

前回も行っているのであんまり写真撮ってなかった。
これはオランダ商館長(カピタン)の家を再現した建物の中の写真。

カピタン部屋

出島は思ってたよりも狭い。周りが海だったことも考えると、閉鎖感は相当だったんじゃないかと思う。そこに15人くらいのオランダ人が住んでいて、100人ぐらいの日本人が働いていた。こんな異国の地で、家族を呼ぶことも許されずに暮らさなければならなかったオランダ商館の人達は大変だったろうなと思ったけど、なんかビリヤードしたりバドミントンしたり凧揚げしたり遊女呼んだり結構楽しんでいた風味で、別にそうでもなかったのかなとも思った。

皆がカピたんカピたん言うので、さびしがり屋の商館長カピたんに振り回される商館員やオランダ通詞の日常を描いたドタバタほのぼの4コマを幻視。
カピたんは、年に一回、お友達のしょーぐん様に会いに江戸へ行くのが楽しみ☆

結局3時間近く滞在し、しっかりじっくり見る。

数年後にまた建物増やす計画らしいので、それが出来たらまた見に行きたい。

関係ないけど、今は池田屋跡は『海鮮茶屋 池田屋』っていう居酒屋になってるらしいですね。どうでもいいですね。

オランダ坂

しっかりじっくり見すぎて夕方になってしまう。

良い感じの喫茶店でお茶を飲んでワッフル食べる。持っているガイドブックに載ってる店だったけど、思ってたより狭く、店長のおじさん一人で切り盛りしてて6人で押しかける感じの店ではなくて少々申し訳なかった。

本当のところ、1日目にグラバー園も見たかったけど、時間的に厳しくなり諦める。
遅くなってもへっちゃら!!NO入館時間!!なオランダ坂へ。日本3大ガッカリ名所と名高いらしいけど、なんというかまあ、オランダ坂自体はただの坂です。

この周辺は高低差が激しく、坂道、細い路地、路地から路地へ伸びる階段、坂を上がると向かい側も高台で斜面に家が沢山建っている光景が見え、町並みの其処此処に由緒のありそうな建物が紛れているいかにも長崎らしい風景が沢山見られるので、そこを含めて評価してあげて!!お願い!!

坂を下って孔子廟前に。当然のように閉館時間で入れず、外見だけ眺める。
所用で路面電車の駅前にあるスーパーに立ち寄る。
色々あって、端午の節句の白い甘いちまきを激しく食べたかったので
長崎ならざっくり言って西日本だし売ってるだろうと探してみた。
しかし、こどもの日コーナーにあったのはこれだった。

鯉生菓子

なんか通り過ぎて違う習慣の土地へ来てしまった感を味わう。
ちまきもあったけど、唐あくちまきというまた別の食べ物のようです。

せっかくだし、買えばよかったかな。

路面電車で駅前へ戻る。

稲佐山展望台

暗くなったので、日本三大夜景のうちの一つを見に行く。

夜景=カップル=リア充しね!!!!と考える向きもありましょうが、山肌に建つ家々の光が見える長崎の夜景は面白いので、見る価値はあると思う。

駅前からバスに乗って、ロープウェイ前バス停で下車。ロープウェイで稲佐山山上へ。バス停から看板どおりに行くと、いきなり神社があって驚く。ロープウェイ乗り場は神社を抜けた先。人数によっては、タクシーで山上へ行ってもあんまり値段はかわらないみたいだけどロープウェイから見える風景も良いので、ちょっと面倒だけど余裕があったらロープウェイがいいと思う。

稲佐山からの夜景

夜景モードで撮っても写真はなかなかうまく撮れない。展望台の下にいる記念撮影屋さんに頼むのもいいかも。つうか頼んだ。一枚1300円~。お高いけど、まあ、旅行ハイでなんとか。

昼間来ても楽しそうだなー。
次は昼間だな。

思案橋

駅前まで戻るとかなり良い時間で、もう普通の店は開いてないだろうと思ったので、居酒屋を探しに長崎一の繁華街・思案橋へ。

思案橋グルメ通りという居酒屋通りで、いかにも長崎の料理を食べられるっぽいに入る。ここが当たりで良かった。お刺身とか、鯨とか、だいたい美味しかった。しめで食べた平目茶漬が変わってて、ご飯とお出汁と、平目のお刺身と、ゴマだれが出てくる。お刺身をたれにくぐらせて、お出汁をかけたご飯にのせて食べるという料理。すげー美味しかった。量が多くてぎょっとしたけど、ぺろっと平らげた。

もう日付も変わろうかという時間にホテルに到着解散。1日目終了。

2日目

拍手[1回]

PR
comments
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackbacks
この記事にトラックバックする ()
| 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |
| prev | top | next |
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント
[05/04 CharlesMic]
[09/13 そ(ry]
[09/12 seto_tosio]
ブログ内検索
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]