忍者ブログ
そ(ryという人がいろいろ書く。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テラ・ザ・ガンスリンガー
テラガンをやりました。
またテラガンをやれる機会があるとは思わなかった。
嬉しかったです。
ルールはあらかた忘れていました。

一度にたくさんの事を考えられないので
「真相にたどり着くためにどうすれば良いのか」
「キャラロール」
「フェイトのルール」
…と、考慮しなければいけないことが3つもあって
途中頭がグルングルンして
ああ、そういえばこんなゲームだったよ…って思った。

GMさんは、マスタリングは当然のこと、サマリの準備や世界観、ルールの説明が丁寧で、見習わなければならないと思いました。小さいスケッチブックにイラストや説明文を貼り付けるヤツはパクろうと思います。

真摯にシナリオの鍵になるキャラクターに向き合う人、過去の出来事で心に傷を負ったキャラクターをキッチリやりきる人(この手のキャラクターは独りよがりになりがちですが、なんかすごくちゃんとしてた)、あと、面白キャラクターをやりつつ、要所をきっちり押さえてくれる人、と、PLさんも良かったので、私はのびのび遊べました。





エリック=モーティマー
23歳/男/USマーシャル

イケメン。

独立戦争の英雄である祖父、伝説的連邦保安官である父を持ち、自身は若干23歳でシルバースターをその身に帯びる。

その重責を全うするだけの能力を持つと自負してはいるが、自分の力だけで、今の地位を得ることが出来たとは考えていない。自分がUSマーシャルに相応しい男だと証明するため、無法地帯の西部に正義と法をもたらすという、いまだ誰も成し遂げた者の無い戦いに身を投じたのだ。

あと、連れてるオートマータの使用人に依存しきってて、生活能力はないのだ。

そういうイケメン。


途中


PLの本音が漏れ出てしまったり


※PLの精神安定上どうしても必要な措置



一時的狂気に陥ったり



色々あったけど、おかげさまで概ねイケメンでした。






それにしても、フェイトの都合上、カッコイイ台詞言わなきゃ!!って離陸したもの、着地点が定まってなくて、最終的になんかふわーっとした感じになってしまったときのなんとも言えない気恥ずかしさよ。

拍手[6回]

PR
comments
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackbacks
この記事にトラックバックする ()
| 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |
| prev | top | next |
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント
[05/04 CharlesMic]
[09/13 そ(ry]
[09/12 seto_tosio]
ブログ内検索
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]